歯科コラム

乳児の虫歯が永久歯に及ぼす影響

こんにちは!
受付の小林です。

突然ですがみなさん、乳歯が虫歯になっても、永久歯に生え変わるのだから放置しても大丈夫だろうと思っている方はいませんか?
 
実はそれは大きな間違いで、乳歯の虫歯は永久歯に様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。今回は乳歯の虫歯が永久歯に及ぼす影響についてお話していきたいと思います。乳歯の虫歯が永久歯に及ぼす影響を、5つに分けて説明します。

 ①歯並び・噛み合わせが悪くなる
乳歯の虫歯が重症化して自然に抜けてしまったり、治療により早期に乳歯を抜いたりした場合、抜けた隙間を埋めるように歯が傾きます。その影響で、永久歯の生えてくるスペースが狭くなり、歯並び・噛み合わせが悪くなってしまいます。
 
②永久歯の発育・形成を邪魔する
乳歯の虫歯を放置していると、根っこの先のバイ菌が下から生えてくる永久歯に影響して、発育不全を引き起こしてしまいます。
 
生えたての永久歯に白い斑点模様ができたり、茶色く着色した永久歯が生えてきたりします。これをターナー歯(エナメル質形成不全)とも言い、虫歯菌の影響を受けやすい歯になってしまいます。
 
③永久歯の虫歯リスクが高くなる
虫歯を放置すればするだけお口の中の虫歯菌も増えていくため、他の歯が虫歯になるリスクが高くなります。
 
乳歯が虫歯になっていると、お口の中の虫歯菌により、生えてきた健康な永久歯まで虫歯になってしまうリスクが高くなります。
 
④顎の発達を妨げる
虫歯ができてしまうと痛みを避けるために片方の歯で噛む癖がついてしまいます。それによってあごが十分に発達せず、あごのバランスが悪くなり、噛む力が弱くなってしまいます。
 
⑤口腔習癖を引き起こしてしまう
虫歯により歯がむずがゆいため、指しゃぶりをしたり、噛んだりといった癖がついてしまいます。また、虫歯によって前歯が欠如していると、舌癖などを引き起こしてしまいます。
 
このように、乳歯の虫歯には永久歯に悪影響を及ぼしてしまう危険が潜んでいます。生え変わるからといって放置せず、早めに歯科医院を受診しましょう。続きまして、乳歯の虫歯の特徴や、虫歯になりやすい危険因子について説明します。

 
①虫歯の進行が早い
乳歯はまだ歯の質が未熟でやわらかいという特徴があります。そのため虫歯の進行がとても早く、気づかないうちに神経まで虫歯菌が及んでしまうことがあります。
 
②形態的に不潔域ができやすい

乳歯はかみ合わせの溝が深く、歯ブラシの毛先がしっかりと行き届きにくく、虫歯菌がたまりやすい形態をしています。
 
 ③家族内で虫歯が多い
また、虫歯菌は家族からも感染します。生後間もなく〜2歳半くらいの時期は特に感染しやすく、家族内での食事の際の口移しや箸・スプーン・指などからも感染します。
 
保護者の方ご自身のお口の健康を大切にすることが、お子様のお口の健康を守ることにも繋がります。
 
④間食が多い・食べている時間が長い

歯磨きはいつもしているけれどもなぜか虫歯になってしまう、というお子様も多いのではないのでしょうか。
 
だらだらおやつを食べていると、お口の中に糖分が停滞するため、常にお口が酸性の状態になってしまい、虫歯ができやすい環境になってしまいます。
 
おやつを食べる際は時間を決めて、ダラダラ食べをしないように注意しましょう。
 
乳歯の虫歯を防ぐために
まずはしっかりと基本の「歯磨き」をしましょう。
 
定期検診で最近よくお聞きするのですが、歯磨きを1日1回しかしていないという方がいらっしゃいます。朝は時間がなく、歯磨きの時間を確保するのが難しいと思いますが、最低でも1日2回は磨くようにしましょう。
 

また、8〜9歳の虫歯罹患率が多い理由の一つに、小学校に上がって、仕上げ磨きをしなくなったからという理由が挙げられます。小学校低学年のお子様は、まだまだ歯磨きが安定していない場合が多いので、保護者の方の仕上げ磨きも重要です。
 
当院の定期検診では、虫歯のチェックや普段の歯磨きの状態のチェックだけでなく、一人ひとりの生活習慣・お悩みに合わせ、歯磨き指導やセルフケアグッズなどのご紹介をしております。
 
また、その他お困り事などありましたら、ご相談だけでも構いませんので、お気軽にお申し付けください。家族みなさんでいつまでも健康なお口を保てるように、私達も精一杯サポートさせて頂きます。
 
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

□歯周病チェックリスト□

こんにちは!
歯科助手の長井です。
GWは当院は、5月3日〜7日がお休みとなっております。

今日は歯周病についてお話ししたいと思います。
歯を失う原因第一位と言われてる、
[歯周病]ですが、どのような症状が出るかご存知ですか??

そこで今日は、歯周病チェックリストでチェックしてみましょう!

□歯ぐきが赤く腫れている

□歯ぐきから出血することがある

□歯ぐきから膿が出る、むずがゆい感じがする

□歯と歯の間に隙間があいてきた気がする、ものがつまりやすい

□寝起きに口の中がネバついて不快な感じがする

□冷たいものや熱いものがしみる

□歯が長くなった気がする

□硬いものなどが噛みにくい、噛んだら痛む

□歯が浮いたような気がする

□歯がグラグラする

□口臭が気になる(人から指摘された事がある)

いくつ当てはまりましたか??

サンレントキラー(静かなる病気)と呼ばれており、
ある程度進行しないと自覚症状が出にくい為、自分が歯周病にかかっていることにすら気が付かないケースが多いです。

歯周病を予防するには、
歯科を定期的に受診し、お口の中をチェックしてもらいメンテナンスを受けることです。

早期発見早期治療をすることで、歯を失うリスクを下げることができます。

チェック項目に当てはまった方、自分が歯周病かチェックしたい方、是非一度検診にお越し下さい☺️

デジタル診察券を導入しています

こんにちは!
受付 藤井です

4月に入りましたね🌸

皆さまの周りでも新たな一歩を踏み出している方、多いのではないでしょうか

当院にもお引越しされて初めて来院される方が増えてきてきました😊

新年度もどうぞよろしくお願い致します

当院では新たにデジタル診察券を導入しました✨

スマートフォン専用のアプリをダウンロードしていただき、そのアプリからできることを一部ご案内します!

・いつもの診察券を探さずに、お持ちの携帯からデジタル診察券で受付(QRコードをかざしていただきます)

・次回の予約スケジュール、過去の来院履歴を確認できる

・お子さんやご家族のデジタル診察券も、まとめて一緒に管理ができる

・アプリから当院への電話も可能

・お口の中の状態がわかるイラスト付きの診断書を、デジタルで受け取ることができる

他にもアプリ内にはお子さまと一緒に指導動画を見ながら楽しくはみがきができる『はみがきサポート』や、健康的な習慣づくりのため 1日の飲食について記録する『ステファンカーブ』など様々な機能がありますのでぜひご活用ください😊

舌の正しい位置を知っていますか?

こんにちは、山本です。
みなさん、ご自身の舌の位置を意識したことはありまくか?
あまり気にしたことがない方も多いと思いますが、実は正しい舌の置く場所があります。

舌の先端は上の前歯のやや後ろのなみなみしているひだのような部分に触れていて、舌全体が上顎に付いた状態が正しい位置です。
こちらの部分はスポットポジションとも呼ばれています。
舌が歯に当たっていたり、どこにも当たっていない状態は正しい位置ではありません。

舌の位置が悪いと、見た目だけでなく、健康上の問題にもつながってきます。
・ 歯並びに影響する
・ 舌の筋肉が低下する
・ 顔のたるみの原因になる
・ 口呼吸
・ 発音や滑舌が悪くなる
・いびきをかく
・風邪をひきやすい

ぜひ意識してみてくださいね^^

検査しないことの恐怖

こんにちは!
歯科衛生士の工藤です。

突然ですが、皆さまは歯科医院で検査を受けたことはありますか?
検査といっても様々な種類があります。
レントゲンや口腔内写真、歯周病検査など

このような検査、なぜ必要なのかご存知でしょうか?

痛いとこだけ直してほしい
検査なんて必要ない
レントゲンは取らないといけないのか

といったお声をいただくことも少なくありません。
もちろん患者様の主訴を改善することが、我々の最優先事項であることに間違いはありません。
ですが痛いとこを治すにせよ、どこが痛いのか検査をせずに診断することはできません。
(魔法使いならできるかもしれませんが⭐️)

「検査をしない」とは
ぱっと見だけで判断し、きっとこれが悪いのだろうと予測だけで治療することになります。

体の調子が悪い時、病院にいって先生が何もせず話だけを聞いて
「多分これだろうから、手術しよう」と急に手術を始めてしまったらどう思いますか?
私なら怖いです。
適当に、行き当たりばったりに手術されてしまうのかな?と思ってしまいます。

歯も一緒です。
なぜそうなってしまったのか、きちんと検査をして診断を受けてからの治療をおすすめします。

当院ではすぐに治療をせず、必ず初めに検査を行います。
痛くなくても、本当に健康なのかを知るためにも、ぜひ当院で検査を受けていただきたいです。

虫歯のリスクを調べる唾液検査も実施しています。
ご自身の虫歯のリスク、わかりますか?
虫歯がないからリスクが低い、と決めつけることはできません。
見えないものはきちんと検査することをおすすめします。

ぜひ当院にて検査を受けてみてください!

加熱式タバコ🚬紙巻きタバコ

こんにちは
歯科衛生士の華山です。

ここ数年で広がった加熱式タバコ。
「煙もあまり出ないし、匂いも少ない。これの方が良さそうだよね!」と思いますよね?

さて、本当のところはどうなのでしょう?

加熱式式タバコでは、紙巻きタバコのよう
にタバコの葉を燃焼させるのではなく、加熱して発生する有害な液体の微粒子(エアロゾル)を吸います。

加熱式タバコに含まれるニコチンなどの有害物質量は紙巻きタバコと変わりません。さらに加熱式タバコ特有の化学物質もあり、その影響についてはまだわかっていないのが現状です。なので、害がないとは言い切れません。

加熱式タバコは、発売当初に「有害物質が9割減!」などと伝されていたこともあり、「紙巻タバコより害が少ない」と思っているかたもいると思います。
実際、「紙タバコをやめて加熱式に変えました!」という患者さんのお話はよく聞きます。禁煙するための第一歩として利用する、と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、減少しているのは一部の有害物質に過ぎず、また生体の反応というのは、「有物質の量が残った分それに比例して健康リスクも少なくなる」という単純な図式ではありません。

発がん性質も依然として含まれています。ふつうの食品なら、発がん性物質が1種類入っているだけでも避けたいですよね。それがタバコの場合は当たり前のように受け入れられているのが現状です。
加熱式タバコがここまで普及している国は、世界でも日本だけなのだそうです。これはいわば、人体にどのような悪影響があるのか、日本人が体を張って検証しているともいえます。5年後、10年後に、深剣な健康被害が報告されないことを祈ります。

おまけ…
ここ最近聞くようになった水タバコ。水タバコとは、火皿の上で粉やしたタバコの煙を、「水パイプ」という器具で水にくぐらせて扱う喫煙法です。
遊び感覚で手を出す人が増えていますが、1時間くらいかけてひたすら取うので、紙巻タバコに劣らないニコチン量になります。
水タバコの本場である中近東の研究では、がんと歯周病リスクが報告されています。

さて、次回の華山ブログは♪
禁煙することでの体の良い変化✨をお送りいたします😊お楽しみに♪

平均寿命と健康寿命

こんにちは!
突然ですが、皆さんは日本人の平均寿命をご存知ですか?
平均寿命
男性は80.98歳、女性は87.14歳だそうです!
そして、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」である健康寿命はというと、
男性72.14歳、女性74.79歳だそうです。
平均寿命引く健康寿命イコール寝たきり期間とされているわけですが、この寝たきり期間が一番長い国は日本なんだそうです。
歯を失うと食事が楽しめなくなるのはもちろん、
歯周病を放置していると心臓血管疾患や糖尿病を引き起こすリスクが高まるとされています。

少しでも長く健康寿命を伸ばすサポートをさせていただきたいと考えておりますので、治療だけでなく健診クリーニングでも定期的にお越しいただけると嬉しいです😊
お待ちしております✨

1日の歯磨きの回数とタイミング

皆さんは、毎日の歯磨きを1日何回、どのタイミングでしていますか?

今回は、歯磨きの回数とタイミングについてお話しします!

○1日の歯磨きの回数は最低でも2回
1日3回、毎食後必ず磨いている人が多いと思います。
人によっては生活習慣により1日1回、2回になってしまっている方もいるのではないでしょうか。
1日を通して0〜1回しか歯磨きをしない方は、1日2回以上歯磨きしている方と比較してみると虫歯や歯周病のリスクがさらに高くなります。
虫歯や歯周病予防の点も踏まえて1日2回以上の歯磨きを推奨しています!

○歯磨きの理想のタイミング
虫歯予防としては食後すぐに歯磨きをして、お口の汚れを落とすことは問題ありません。

ですが炭酸飲料やアルコール、酢物などの食事をした後の場合、お口の中は酸性に傾きます。
歯は酸に弱いため、酸性になっている時に、歯ブラシで擦り合わせてしまうと歯の表面は傷ついて虫歯になりやすくなります。
そのため30分後が理想のタイミングです。

当院では、ブラッシング指導も行っていますので、お気軽にお問い合わせください!😊

なぜ歯医者さんはセラミックスを勧めてくるのか?

こんにちは!歯科医師の吾妻です

先日YouTubeで粗品さんが歯医者さんに行ったら虫歯が18本あったという投稿を見かけました。
その治療費は全部治してなんと100万円!!

その動画のコメントには
高すぎる!
足元を見られてる!
今は保険でぜんぶ白いでできる!
セカンドオピニオンした方がいい!
セラミックスじゃなくて樹脂でできるはず!
といったコメントが多数寄せられてました。

たしかにセラミックは保険外診療なので、高額ですし、今は保険内で白いものを詰めたり被せたりできるのが現状です。

ではなぜ、歯医者さんはセラミックスを勧めるのでしょうか??

それは、保険内の銀歯やプラスチックなどの樹脂に比べて、セラミックスは材質が二ケイ酸リチウムやジルコニアといった硬く、吸水したり錆びたりしない材料でできているためもちが圧倒的に優れているからです。

治療したからもう虫歯にならないだろうと思われている方がいらっしゃるのですが、実は虫歯は繰り返されます。
『リピーデットレストレーションサイクル』という言葉があり、そのサイクルを表した絵がこちらです。

一度虫歯になった歯は、詰め物の適合が甘いと再度虫歯になり、神経をとることになり、そこから再度被せ物の適合が悪ければ、また虫歯になりいずれ抜歯することになることを示している絵です。

もちろん虫歯にならないのが1番ですが、仮に虫歯になったとしても、いかにしてこのサイクルを早い段階で止めてあげてることができるかが鍵になります。

そのために適合がよく、かつ材質も劣化しにくくくて長く使えるもので治してあげることがすごく重要なのです。

最近ではセラミックスの有効性についての文献もではじめており、

Kenneth A Malamentの文献には
データ収集は2003年に始まり、16.9年にわたって研究され、その研究には738名が参加し、2392本のプレス・e.max クラウンが装着されました。(1782本が全部被覆冠、610本が部分被覆冠)
結果22ケースで失敗が記録され、生存率は96.49%だったそうです。

つまり、17年予後が約97%という驚異的な結果を残しました!!

銀歯や約5〜10年後に虫歯になると言われているので、結果は明らかです。

歯医者さんでセラミックスを勧めてくるのは、セラミックスの良さを本当に知っているためで、患者さんにも今ある歯をこれからも長く使ってもらいたいという思いがあるから勧めているのです。

もちろん決して安くはないので、なかなか難しい面もあるかと思いますが、この記事を読んで少しでもセラミックスの良さを知っていただければ嬉しく思います。

離乳食の初期ってどんな物をあたえるといいの?

こんにちは!!
今回は離乳食の初期にあたえるもので、お口の機能発達にどんな影響を与えるか少しお話したいと思います。

母乳あるいはミルクの授乳が進むと、離乳食を始めるときが来ます。
いつ始めるかと言えば、赤ちゃんが、うつむき頭位をとって、嚥下ができるようになるために、首がすわることと、スプーンなどの食具を使えるように原始反射が消えてること、この2つが必要です。
では、そのタイミングで離乳食を与えるのに、どんな食べ物を与えたらいいのでしょうか。

離乳の初期というのは、口の中はまだ狭くて、その狭い空間の中で舌は前後運動しかできません。
また上の唇の発達もまだ充分でなく、下の唇の動きも舌の動きと別々には行われず、唇、舌、下のあごがひと固まりになって、パクパク動くだけです。
この段階はまだ授乳期の延長と考えられ、舌の前後運動で処理できる物性、テクスチャーとも言いますが、そうした食物しか取れません。
唇は閉じれますが、上の唇で拭い取ることはできないので、スプーンの上の食物は自分で摂取することはできません。

この段階でとれる食事の形状は、流動食に近い、飲み込める形状のもので、まだ丸飲みの状態です。
ですが水分が多すぎて、ミルクと変わらなければ、舌の機能発達を促せません。
舌の機能発達のためには、ミルクよりも負荷の大きな物性が必要と言われます。
固形物と水分からなる刻み食やミキサー食は、離乳の初期では水分だけを嚥下し、固形物は口の中に残り、処理できません。
固形物を取るためには、舌の前後運動だけでなく、離乳の中期、後期になって、舌の上下、左右運動による咀嚼機能の発達を待たなければなりません。

離乳の初期に、前後運動しかできない舌と、閉鎖できるものの拭い取りが苦手な唇で、摂取可能な食べ物は、ミルクより粘りがあるドロドロの状態の飲み込める食物です。
注意しないといけないのは、水分が多いと丸飲みになり、嚥下機能の発達を逆行させてしまうということです。

離乳の初期の段階に来たら、ミルクより粘りがあるドロドロの状態の飲み込めるものを与えていきましょう。
それがこの時期のお口の機能の発達を促し、次の段階に進むためのステップをふむことになります。
お口の健康を通して、全身の健全な発達を目指し、幸せな人生を送るお手伝いをしたいと思っております。
お気軽にご相談ください。